理学療法部門の取り組み

当院の理学療法について

座る・立つ・歩くなど、基本動作能力の回復や維持、また障害の悪化の予防を目的に筋力強化、関節可動域の拡大、麻痺の回復などの運動療法を提供していきます。
術直後や発症後早期の安静が必要とされる時期でもその後の順調な回復へと繋げるため、積極的に介入しています。
また、がん患者の方々に対する緩和ケアや体力維持向上目的の運動療法も積極的に行っています。


患者さんの疾患・傾向

・整形疾患
・脳卒中
・神経筋疾患
・呼吸器疾患
・循環器疾患
・悪性腫瘍、血液疾患

page top